歴史

実印をチタンで作るこだわりを。大人の実印はこちらから|チタン印鑑セレクト

印鑑の歴史、って聞くととっても昔のことのように感じますよね。確かに日本最古の印は【漢委奴国王】という金印だと言われています。金で作られたものですよね卑弥呼の時代あったなんて言われてたりしますよね。
とはいってもそれは昔の印鑑ってだけで今のような「印鑑制度」がはじまったのは【奈良時代】に入ってからだと言われています。その頃は決まりを決めるための公印のみで偉い位の人しか使用していなかったようです。では今のように人々が実印などを持つようになったのはいつ頃でしょうか?

まず、そのような流れが見え始めたのは貴族が私印を使用できるようになった【平安時代】になってからではないでしょうか?というのもその当時は庶民の離婚届や売買証明書なんていうようなやり取りの際は自分の名前をけば良かったんです。とはいってもその当時は文字の書けない人もたくさんいらっしゃったので人差し指を使って点をうっていくという「画指」という方法が使われていたんだそうです。

そして時代は流れ戦国の頃には「花押」というシルシと私印が並行して使われていたといます。このときはそれぞれの武将が趣向を凝らして「こんなにも権力があるんだぞ?!」なんていう意味合いなどを表していたようです。

そこから現代の制度になるまでは結構幅が開くのですが、明治の6年にやっと私達一般市民も署名以外に「実印を捺印する」といった制度が定められたと言われています。そのためその日を記念して今でも10月の1日が「印章の日」という風に定められています。

Comments are closed.